Welcome 健康美のこと 1箇所をきれいに保つだけで若く見える

1箇所をきれいに保つだけで若く見える

by 村上 千明
1箇所をきれいに保つだけで若く見える

 

「うち、ここ歯ないねんけど」

 

歯科検診をサボっていた友の言葉。当時弱冠20歳。

 

こちら良い歯医者さんにいただいて以来、

気に入ってずっと使っている歯ブラシ

 

1箇所をきれいに保つだけで若く見える

 

ぱっと見シンプルで特別変わり映えしない歯ブラシなのですが

これがやたらと使いやすいんです〜♡

 

軽いし、毛先は適度に先細りで細かいところも磨きやすい。

 

これを使用するまでは、歯ブラシに対してはそこまで深くこだわったことがなかったのですが

今はもうこれ以外だと磨けた気がしないんですよね。

 

それに歯医者さん推奨のものでありながらすんごい安い。最高。

 

こちらの『ミクリン』という可愛いネーミングのブラシと併用することで、隙のない磨き上がりに♡

 

やっぱり毎日の良質な歯磨きが未来を変えるよなって思うんです。

 

日本人は歯に対して意識が低すぎだとはよく言われていますよね。

でも本当、歯や歯茎がきれいかどうかで人の印象ってずいぶん違うと思います。

 

例えば先日テレビでお見かけした60代の女性。どう見たって40代そこらにしか見えません。

 

私自身はあまり見た目の年齢って気にかけない方なのですが、

何がこんなに違うのかと食い入るように観察したところ、

 

髪の毛と、歯。

 

もちろんそれだけではなく

お肌のツヤだったりメイクが時代に合っていたりという要素もあると思うのですが。

 

歯並びが飛び抜けて良いとか、歯がびっくりするほど白いとかではないんです。

 

そういった人工的な雰囲気は全くなく、ただ実年齢よりも遥かに若々しい清潔感が歯にありました。

 

なるほど。

高いお金をかけなくたって、最低限で良い。

最低限で良いから歯や歯茎が黒ずみなどの無い清潔感を持っていれば

その人の持つ美しさって他人の目には何割増しにも魅力的に映るに違いない。

 

というか、こうも印象を左右するのだから、もうマナーに近い感じですね。

 

歯に付いた海苔を気にすることも大切ですけど、

やはり日々の歯磨きをきっちりやることで歯そのものの綺麗さを保つこと。

 

そのためにも良い歯医者さんと歯ブラシに出会って

毎日本気で歯磨きをすること。

 

日々のありふれた小さな積み重ねが未来には確実に大きな違いとなるのでしょうね♡

 

コメントを残す

こちらもぜひ読んだってください

ja Japanese
X