Welcome おいしい健康美 シドニーでネイルサロンへ行ってみた

シドニーでネイルサロンへ行ってみた

by 村上 千明
ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

オーストラリアへ来て1ヶ月近く経ち、

日本では欠かさず施していたネイルを

こちらでもやってみてもらいました。

 

シドニー郊外の静かな住宅街にある安宿

The Village Glebe(ザ ビレッジ グリーブ)に泊まっていたので、

調べた結果そこから最寄りだった「Tip Top Nails」というところへ。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

宿から近いし、あえて微妙に辺鄙な場所のローカル店へ行って

どんなもんか見てみようという心持ち。

 

 

突然行って、予約してないんだけどいける?的なことを訪ねたのですが

どうやら日本のように予約が主流ではないよう。

 

そこは良いからとにかく爪を見せてくれと言われ、

今付いてるジェルを取り除いて

新しくジェルネイルを乗せてほしい旨を伝えると

ネイリストさんに余裕があればひとまずやってくれる感じでした。

 

 

施術はというと、とにかく速い。

 

日本より雑と言えば雑なんですが、

でも適当にやっている感じとかはなくて

無駄な動きがなくめちゃくちゃスピーディー。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

素人でもネイルをやったことのある人なら分かると思うのですが、

あの電動の機械あるじゃないですか。

表面のジェルを削ったりするやつ。

 

ほぼ全部あれでいきます。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

爪の長さを短くするのも、形を作るのも

責めれるぎりぎりのところまであれでガンガン削って、

やすりを使うのなんて最後にちょっとだけみたいな。

 

ちなみにこの機械、メイドインジャパンでしたよ。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

そして普通にジェルネイルでとお願いしていたはずだったのですが、

素人目から見てもスカルプにしか見えない謎の粉&液体でベースを作っていきます。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

思わず「え、ジェルネイルかこれ?」

と声が出たのですが、

「そうよ。この上に色乗せたら終わりだから」

らしい。

 

いやもう、よう分からんな。

こっちではこれがジェルネイル?

スカルプじゃなくて?

これ、次にオフする時どうなるんや?

 

 

で、サンプルから選んだ色を

有無を言わさず一色塗りにして終了。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

入店から支払いまでで

驚きの30分。

笑えるほど早い。

 

 

今回、私の爪にもともと付いていたジェルの状態が良かったらしく

フィルイン(英語では「インフィル」って言うんですってね!知らなんだ)にしてくれたのですが、

これでお値段$45(¥3,300)。安。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ,安い

 

こんなに安くて、豪快だけど早くて

オーストラリアのネイルサロン完璧じゃん。

 

 

と、思ったら

完璧じゃなかった。

 

ジェルネイル,オーストラリア,シドニー,ネイルサロン,一人旅,バックパッカー,グリーブ

 

小指・・・

日本のネイルサロンだったら、これはいかんだろう。

 

 

しかし総合的に見て

個人的にはこの安さに対して充分な対価を受け取れたと思います。

 

現にこのネイル、どれだけ雑な扱いを受けてもびくともせず、

この後余裕で1ヶ月持ちました。

まあ、スカルプらしきやつで強靭なベースを作ってくれていたので

当然っちゃあ当然かもしれません。

 

たった今調べてみて知ったことですが、

こちらのネイルサロン

店構えの割に(失礼)評価すごい高い。

なんと。

偶然だけど良いサロンに巡り合えたよう。

 

海外だからと妥協することなく

ネイルや美容院もふらりと行ってみたら、

意外とその違いを楽しめると思います。

 

旅の続きを楽しむためにも、行ってよかったです♡

 

コメントを残す

こちらもぜひ読んだってください

ja Japanese
X