Welcome きらめきの旅 パースといえば、ロットネスト島

パースといえば、ロットネスト島

by 村上 千明
オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

「パースに来たからにはロットネスト島へ行け。行ったならもう他は見なくていいよ」

 

こんな風な事を

とにかくいろんなところで言われます。

 

パースからフェリーでたったの30分のところにある

ロットネスト島。

 

楽園と名高すぎるので行ってみたのですが、

驚くほど何もなく

驚くほど気持ちの良い場所でした。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

時季的にはちょうど初夏くらいでしたが

海でザブザブ泳ぐには若〜っ干まだ早そうだったので、

レンタル率100%なんじゃないかと思うほど人気のサイクリングを

ご多分に洩れず私もやってみました。

 

 

ほとんどの人はフェリーのチケットとセットで

普通のレンタサイクルが付いたものを申し込むのですが、

島はそこそこ起伏が激しいと聞いていたので

私はフェリーチケットとは別で電動自転車を借りてみました。

 

 

まずはフェリーのチケット。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性

 

公式サイト「ROTTNEST EXPRESS」から買えますが、

英語で取ることになります。

 

なので私は今回、日本語のツアーサイトで

往復のフェリーチケットのみを取りましたが、

安心の上に案外安く取れました。

≫ ロットネスト島フェリー

上記サイトの

『フリーマントル Bシェッドターミナル発 日帰り往復(入島料込み)A$66』(¥4,922)を選びました。

 

普通のレンタサイクルで構わない場合は、

それ込みのチケットを買ってしまったら良いですね。

 

出港する港の選択肢がいくつかあり、

さらには港まで遠い場合

パース市内への送迎もあったりします。

 

一番安く済ませる方法としては

出発する港を「フリーマントル・Bシェッドターミナル」にして、

港までは電車に乗って行く方法。

 

このときの電車の乗り方はこちらで記事にしています。

≫ パースからフリーマントルまで電車に乗ろう

 

フリーマントル・Bシェッドターミナルには

カフェなどもあって

出港までゆっくり過ごすことも出来ます。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性

 

 

島に着いたら

フェリーチケットとレンタサイクルがセットの場合は

そのままレンタサイクルの列に並びます。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

船から大量に降ろされるチャリ。

 

では肝心の電動自転車はというと、

島に着いたらここへ向かってください。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

ボールペンで書かれた上側の青丸がインフォメーション。

下側の四角で囲われた⑨ってとこで借りれます。

 

電動ではない普通の自転車で約$30、

電動自転車で約$60ほど。

 

簡単にですが乗り方の説明もしてくれて

あとは島を一周するなり

クオッカを探すなり

エンジョイするだけですね。

 

 

そして出会える

世界一幸せな動物クオッカ。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

小さく丸いカンガルーですね。

独特の動きが可愛らしくて

こんなにも愛されている理由がすぐに分かりました。

 

 

もちろん海も抜群に綺麗。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

メインのサイクリングは

海岸沿いを海を眺めながらと言うよりは

少し内陸の丘を走ります。

個人的感想は、なんとなく沖縄の北部に似ておる。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

所々に展望台があって

海を眺めに行けるような感じです。

 

なので「海さえ入れれば島一周とかは別に」な方は

わざわざ電動自転車にまでしなくても良いかもしれませんし、

なんなら自転車を借りなくたって

フェリー乗り場から徒歩圏内で

綺麗な海に入れます。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

ロットネスト島を調べた時に

だいたい真っ先に出てくるのが海の写真だったりするので

海沿いをサイクリングするようなイメージを勝手に抱きがちですが、

実際には丘を走ることになります。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

この点がイメージと違うと

残念感を抱いてしまうと思いますので、

これから行かれる方は

その点も含めてご参考くださいませ。

 

ただ私は今回、海よりサイクリングをしに行ったのですが

電動自転車にしたことで

坂道でも余裕で、快適に島を一周出来て爽快でした。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

そして油断ならないのが日焼け。

風が冷たく気持ちいいので

天気は良くてもあまり焼けているように感じないのですが

パース市内へ戻って来たときには

手を抜いていた箇所はしっかり焼けておりました。

 

船酔い対策は、念の為酔い止めを服用していましたが

さほど激しく揺れるようなこともなく

時間も30分程度なので

よほど船酔いがひどい人出ない限り

そこまで心配しなくて大丈夫だと思います。

 

その他注意すべきは島のカフェ。

全て港の近くに集まっていますが、

15時〜16時くらいで

その多くが閉まってしまいます。

のんびり島を一周して来て

一休みしようとした時にはスーパーくらいしか空いてない状態になりますので

時間の使い方に工夫が必要かもしれません。

 

 

ともあれ

個人的にはパースから日帰りで1日

朝行って夕方帰ってくるようなプランで丁度良いかなと感じました。

 

そしてこの島が

それはまあ静かなんです。

 

人のいないところまで行くと

本当にこの世に自分だけなのかと思うほど

何もなくて何も聞こえません。

 

オーストラリア,パース,ロットネスト島,クオッカ,フェリー,行き方,一人旅,バックパッカー,女性,サイクリング,電動自転車

 

贅沢。

 

コメントを残す

こちらもぜひ読んだってください

ja Japanese
X