Welcome きらめきの旅 メルボルンのバスキング許可事情

メルボルンのバスキング許可事情

by 村上 千明
オーストラリア,メルボルン,バスキング,許可,申請,パーミット,市役所,ホームページ

 

「あなたのやろうとしていることは、大道芸とはみなされません」

「恐れ入りますが申し込みを取り消させていただきます」

 

出たよ。

またかい。

 

この度メルボルンへ来ることを決めてから

ここでもバスキングをしようと

ネットで申請を出していたんですね。

 

メルボルンは

オーストラリアの中でも特にバスキングに対しての環境が整っていて

それはそれは受け入れてもらえやすいと聞いていたのですが、

パースの時とはまた違った理由であっさり拒否られました。

 

まあね、でも分かるわ。

自分でもなんとなく思ってたよね。

私のこれ、拍手を浴びるような芸とかじゃないし

路上でチップやらを集めようとしてるスレスレのラインをいってるよねと。

むしろよく今まであれだけ足を止めてくれる人がいたもんだわ。

本当に感謝しかない。

 

 

で、その拒否られたメールの内容によると

メルボルン市のバスキングの定義は、2018年に改訂されたとのこと。

簡単に言うと厳しくなった的なことが文脈から伝わってきました。

 

なので、かつての

比較的来る者拒まずだったバスキングの許可事情は

この改訂を機に少ーし変わっているようで、

誰が見ても芸があって

路上でチップを集めるには適している内容のことだったら

きっと変わらず問題なく許可はもらえそうです。

 

それと、メルボルンでは

バスキングの受け入れ体制が整っていると同時に

許可証を提示して行うことがルールというのを聞いていたのですが、

ざっと見たところ許可証をきちんと提示してやっている人は

今のところ1人も見たことがありません。

そこらへんも何か変更があったのか・・・?

 

あまり深く聞き返してはいないので

詳しくはよく分かっておりませんが、

きちんと許可を取ろうとすると

以前ほど「なんでもあり」とはいかなくなっていることは確かのようです。

 

例によって許可なく勝手にバスキングをしていても

そうそう怒られたりすることはなさそうですが、

安心してバスキングをするためには

やはり許可をもらってからの方がやりやすいですよね。

 

そんなわけで

私のは内容的にダメだと言われましたが

これからメルボルンでのバスキング申請をしたい場合、

やり方はこちらのサイトで親切に詳しく説明されています。

» メルボルンでバスキングを始める方法

 

実際街を歩いていても、

日々至るところでチップを稼ぎまくっているバスカー達の姿を見かけます。

 

許可が取れなかった私が言うことではないですが

特別ぶっとんだことでもしようとしない限り

普通に申請して取れないことはまずないと思いますし、

以前にも書きましたが

路上でやるということ自体に意味があると思いますので

それが上手いかどうかなんて優先順位としてはだいぶ下です。

 

今回私は許可が下りなかったので

せめて内に秘めた特技をお持ちの方には

是非とも路上に出て道行く人々を幸せな気持ちにしてもらいたいと切に願っております♡

 

オーストラリア,メルボルン,バスキング,許可,申請,パーミット,市役所,ホームページ

コメントを残す

こちらもぜひ読んだってください

ja Japanese
X