Welcome きらめきの旅 エアーズロックのキャンプグランドで車中泊してみた

エアーズロックのキャンプグランドで車中泊してみた

by 村上 千明
オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

この度エアーズロックを訪れるにあたって、

全てが高額すぎたので

いかに安く楽しみ尽くして来るかを追求しました。

 

結論から申し上げますと

空港からレンタカー+キャンプグランドでの車中泊が最強だったので

共有したいと思います。

 

まず私は今回

西海岸のパース〜エアーズロック〜南東メルボルンという経路を辿りたく

パースからエアーズロックエアーズロックからメルボルンまで

それぞれ片道航空券をスカイスキャナーで安く取りました。

 

ヒッチハイクも考えたのですが

さすがに車で26時間とかの距離を

人様の車に乗せてもらうのは現実的でないし

もし途中の内陸の砂漠で降りなければならなかったりしたら

自分も死にかけること必至でしょう。

 

ていうかまずその距離を車なんて人は滅多にいないでしょうから

必然的に飛行機に。

 

私と違って

エアーズロックへ行って、また同じ都市へ戻ってくる場合や

日本から発着の場合は

航空券込みのオプショナルツアーなどにしてしまったほうが

圧倒的に安くすみますので是非そちらを。

 

 

今回エアーズロックへ行くのは初めてだったので

素人が突然行って良いものかも分からなかったため

登山や麓散策へ連れてってくれる現地のツアーに申し込みました。

 

が、

行ってみてから分かったのは

エアーズロックを見るだけだったら

ツアーへ参加とかしなくても

ウルル・カタジュタ国立公園の入場券($25)さえ手に入れれば(↓こんなの)

そこから3日間は何度でも訪れることが出来ます。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

ツアー参加のメリットは、

バスなどで連れてってくれるのと

行く先々で詳しい解説をしてくれることですね。

 

 

今回私は自分でレンタカーを借りたので

自由に動き回れてこれが非常に良かったです。

 

エアーズロックはもちろん、

サンセットの場所などもグーグル先生に尋ねればベストな場所を教えてくれます。

 

オーストラリア,エアーズロック,一人旅,ウルル,登山,最終日

 

ツアー参加は楽ちんですが、これが出来ません。

 

 

そして問題は宿。

これもオプショナルツアーなどにセットで含まれていれば

そこまで困ることはないのかもしれません。

 

ですが、

自分の希望に合ったツアーがなく

宿だけ単体で取ろうとすると

まじでバカ高い。

セレブ価格も良いとこです。

 

唯一、安いホステル『アウトバックパイオニアホテル&ロッジ』1泊$38〜(¥2,800〜)がありますが

人気の時期だとここが取れない。

 

となると、残された手段は

キャンプグランドでテント泊をする方法。

 

私が調べた時には、

このキャンプグランドの予約だけは

日本語で予約してくれるツアー会社などはなく、

英語のサイトで予約するしかありませんでした。

 

ただ、ここなら場所代だけで1泊$40(¥2,900)程度。

電源が使える場所を選ぶと1泊$50〜$70(¥3,700〜¥5,200)くらい。

 

こちらから日付を指定して、場所を選びます。

今回私が選んだのは

一番安く電源もない「Tent Site (Non-Powered)」。

 

電源すらないなんて不安になりますが

結果としてこれで充分でした。理由は後述します。

その他、必要な入力は基本的なことばかりなので難しくないです。

 

自前のテントがない場合は

その場でレンタルや購入など$40〜くらいで出来るみたいなのですが、

 

まず一人でテントを建てる方がめんどくさい

せっかく車借りたのに更にテント代払いたくない

荷物も増やしたくない

 

などの理由から迷わずレンタカーで車中泊をすることにしました。

結果、これがとてつもない大正解。

 

宿泊費が安くすむことはもちろんですが、

スーパーへ行くにも朝日を見に行くにも

とにかく便利。

 

スーパーなどへは遠い宿から歩いても20〜30分ほどで着くみたいだったのですが

車があればその微妙な時間も大幅に削減。

 

次の日にはエアーズロックから300km以上離れたキングスキャニオンにも自力でドライブ

 

オーストラリアは

日本と同じ、数少ない右ハンドル+左車線走行の国なので

運転も何の問題もありません。

 

これが仮に左ハンドルだったりしたら

恐ろしすぎて車は借りていなかったでしょうけど。

 

それにこの辺りには一つの信号すらもないので

なんなら日本より楽勝なくらいです。

 

 

さらにはこのキャンプグランドが

それはまあ設備が整っているんです。

 

トイレもシャワーもそこらの安宿よりはるかにキレイで清潔。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

シャワーは気持ちいいお湯がたっぷり出て、洗濯機と乾燥機も。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

一番安い、電源なしの場所での宿泊(当時$40)を選びましたが

洗面台のところへ行けば普通にコンセント使い放題です。

Wi-Fiも飛んでます。

 

レンタカー代とガソリン代を差し引いても

これ以上ないコストパフォーマンスで楽しく3泊滞在出来ました。

 

 

手順としては、

① エアーズロック空港に着いたらレンタカーを受け取ります。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港

 

とっても小さな空港で、レンタカーのカウンターが並んでいます。

 

私は事前に

これまたスカイスキャナーで安くレンタカーを予約していたのですが、

予約が取れるとこのような確認メールが届くので

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港

 

そのロゴのカウンターへ向かいます。

国際免許証と日本の免許証、クレジットカードを提示すればすぐ。

 

車の受け取りは空港を出た目の前。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港

 

渡された鍵に書かれたナンバーの車を探します。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港

 

あった。

 

これで最安のものですが充分。

後ろもフラットになる。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港

 

② キャンプグランドまでは砂漠の荒野を10分ほど走っただけであっさり到着。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

迷いもしない。

もちろん信号もない。

 

 

③ ひとまず入ってすぐの駐車場に停めて

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

④ そばにあるレセプションへ行きます。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

ここで名前を告げ、車で寝ると伝えると

ならばここへ停めろと場所を案内されるので

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

⑤ 支払いを済ませて行くだけです。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

 

内陸なこともあって

エアーズロック周辺はとにかく何でも高いです。

 

行きたいけど金欠にはなりたくないという方には

レンタカー+キャンプグランドでの車中泊は個人的に超イチオシです。

 

それになんだろう、

1泊でも車中泊するだけで

人間驚くほど車中泊に順応してきます。

 

一人なのもあって、それこそ一番小さく安い普通車だったのですが余裕でした。

 

オーストラリア,エアーズロック,ウルル,レンタカー,一人旅,車中泊,女性,空港,キャンプグランド

 

ご参考までに♡

 

コメントを残す

こちらもぜひ読んだってください

ja Japanese
X